N市にちっちゃいものを探しに行こう
 土曜日。ダンナさんがN市の方に連れて行ってくれました。N市にはTVで宣伝をしているガチャポンなどを売っているお店があり、そこならば探しているものもあるのでは、ということで連れて行ってくれたのです(本当はダンナさんがN市に出張しに行った時に見に行ってくれる、とのことでしたが見てもわからないからと連れて行ってくれたのでした)。

 土曜日、張り切って早く起きたは良かったのですが仮歯がグラグラしている。歯を磨いたらポロリと取れてしまいました。慌てて歯医者に電話したところ、すぐ来てくださいとのことでしたのでダンナさんを急かして急いで歯医者に行きました。本当は火曜日に歯(本来の歯の上にカバーする形で歯を入れる)を入れるはずだったのですが、もう出来ているからとのことで本当のものを入れてもらいました。
 先生の話ではこの歯(犬歯・糸切り歯)は力が加わるところでとても取れやすい場所とのこと。でも2回も取れるのはとても心配。出かけている最中、安心できませんでした(そして今も安心できない)。

 終わってから高速道路でGO! 高速道路を使えばそんなに時間がかかりません(運転する方も楽。私が運転したわけではないですが)。

 高速道路を降りてそのお店「B」へ。前に一度連れて行ってもらったところでしたが、多分その当時はぷちサンプルがまだ販売されていなかった頃(販売されていたとしても初期の頃)だったのですが今回は専用の場所(狭い)にたくさんありました(何故か一緒に実物サイズのお寿司のサンプルがあった…)。
 値段は450円。家の近くのお店より少しだけ安いです。でも欲しいものはあまりなかったです(と言いながらも買い物)。
 近くにもう一つ同じお店があるのでもう一方にも連れて行ってもらいました。
 そこは24時間営業だそうです。そこも狭いながらも1スペースがぷちサンプル。こちらはそれなりに種類もありましたが600円。同じお店なのにどうして値段が違うのだろう…。と言いながらも少し購入。

 帰りにトイザらスに寄り、息子の為のサークルを購入。でも自由にならない場所を息子は嫌い、娘は身体を折り曲げなければ入れないにも関わらず入りたがる(狭い場所好き)。なかなか上手くいかないものです。

 でもこれだけ探していても手に入らないものってあるんだなぁ、と少しガッカリ。まだまだ食玩探しは続くようです。
[PR]
# by ananta | 2005-11-07 11:06 | ちっちゃいもの
矯正・検査結果
 顎の矯正に関わる検査結果が出ました。

 結果はかなり重症。上顎が鼻よりも前に出ている上に下顎がかなり後ろに下がっていました。同じ年(8歳)の子の平均的な骨格と比べるとかなり歪んでいます。

 上顎を後ろに下げ、下顎を前に出すように器具を付ける事になりました。常に付けている器具と夜寝るときに付けるヘッドギアのような器具。
 私は矯正をしたことがないのですが、かなり大変だと思います。でも器具などを付けなくてはいけないのならば大きくなってからよりも仕方ないものと思える今の方がいいのかな、と思います(女の子ですから)。

 ここの矯正歯科の先生は気さくな先生で、息子のことも気軽に声をかけてくれますし、娘とも身近な大人のように気軽に接してくれます。そのせいか、娘は通うことを嫌がっていません。それが一番の幸いです。二人でちょっとしたドライブ感覚で話をしたりしますしね。

 なお、値段は保険がきかないので35万円也。
[PR]
# by ananta | 2005-11-02 06:58 | 娘と息子
音楽会
 娘の音楽会に行ってきました。息子が騒いでしまうと他の人の迷惑になってしまうので娘の発表のギリギリに行きました。

 娘の衣装は私が首の部分を切り抜いたポンチョもどきに先生が組み合わせてくださった黒のスカーフ(?)。他のふくろうの子とも少しだけ違う衣装でした(でも別に振り付けが特別だったりするわけではなかったです)。
 最初の歌以外はステージの前に立って歌って踊っていました。我が子しか目に入っていないのは事実なのですが、それでも目立っていました。踊りも手足がすっと伸び、キレのある踊り方。ただ、出番のない時に手が変なところかいていたりしましたが…。
 でも真に目立ったのはカラスの王子様役のM先生でした。カボチャパンツ、ステキでした…。

 カラスが何故黒になったかというと、ふくろうの染物屋さんが黒に染めたからです、という話のオペレッタ。他の小鳥は綺麗な色なのに、他の鳥たちにない色にしたら黒になってしまったのです。

 でも音楽会、毎年先生の方が楽しそうにやっているなぁ…。先生達が仮装とかして場がすごく盛り上がるのです。
[PR]
# by ananta | 2005-11-01 12:01 | 娘と息子