カテゴリ:娘と息子( 36 )
絶対不快指数高いと思います
 今日は娘のウサギ当番。ウサギ当番自体は子供たちだけでやるのですが、危険なので(娘の小学校は徒歩30分くらいなのですが、学校の横を国道が通り交通量が多い場所です。田舎なのですけどね)車で送りました。

 一緒の当番の子の一人が熱を出してしまい休むと電話連絡があったので4人当番なのですが、一人は結局来ず、一人は遅刻でした。そして娘は口煩かった…。普段きっと私は娘にこんな姿見せているんだろうなぁ、とちょっと反省。

 私は息子と日陰で娘の当番の様子を見ていました。ウサギの目が黒・赤・青とあったのが今日の発見です。あとウサギはパンも好きそうでした(我が家はスーパーからくず野菜をもらってきているのでキャベツの葉っぱをもっていきました。が、一人の子はパンを持ってきていました。でも実際担任の先生はパンが一番好きと言っていました)。

 日陰にずっといたのですが、帰ってきてから目がぐるぐる回って気持ち悪かったのでしばらく寝ていました。最近暑いのと夜寝不足気味で少し暑さにやられてしまったようです。私はすごく身体は丈夫なのですが、体力は人一倍ありません。
 こういう時に我が家の子供たちはいい子だなぁと思ってしまいます。大人しくそれぞれ遊んでいてくれます。娘は息子の面倒もみてくれます(とうとうおむつ替えも覚えました)。
 まだ暑くて少しだるいけれど、ちょっと寝られたのでそれでも大分マシです。娘ちゃんも息子ちゃんも二人ともありがとね~。
[PR]
by ananta | 2005-08-04 16:09 | 娘と息子
むむむ…夏休み
 夏休みに入った我が娘。何故かPCに入っているスパイダーソリティアにはまりました。放っておくと何時までもやっています。

 当分ブログのこまめな更新は出来ないかも。今のうちに本をゆっくり読みますか。

 先程「やりたい」と言っていたのでラジオ体操から帰ってきたら遊ぶのでしょうか。ママは言います。

 「先に勉強ヽ(`Д´)ノ」
[PR]
by ananta | 2005-08-02 06:47 | 娘と息子
今度は…
 娘がまた調子が悪いので病院に連れて行きました。

 今度は急性胃腸炎。ウィルスが胃腸に入ったことで引き起こされた病気らしいです。よく「風邪のウィルスがお腹にいってしまった」といいますが、それと一緒です。まだ溶連菌が治った後の尿の検査に行っていないのですが、またこれで検査が延びてしまいました。
 でも食中毒だったらどうしよう(その割には娘以外みんな元気ですが)と思っていたのでそういう意味では安心しました。

 お腹良くなるまで息子の離乳食とご飯一緒にしよっと。
[PR]
by ananta | 2005-07-19 12:10 | 娘と息子
本が届いたよ
 娘の小学校で図書の斡旋があったので一冊買ってみました。娘が欲しがったのは…。

 「古代遺跡のひみつ」

 すみません。私の意見も少し入っています。が、娘もこういう話が好きなようです。昨年小学校に入学して読んだと聞いた本の一つが「秘境アンデスの謎」。

 私も遺跡や不思議なものが好きになったのは娘と同じくらいの頃だったから、やはり親子だなぁと感じてしまいました。
 「ママにも読ませてね」と言ったら「読み終わったらね」と言ってそれを持ってお友達と遊びに行ってしまいました。うぅ、気になる。出来たら写真が満載で色々な場所のことが書いてある本だといいなぁと思います。
 吉村作治先生のブログ「吉村作治 考古学者のひとりごと」がもし写真満載でそういう話が満載だったらきっと娘も喜ぶのに、と思っています(実は3歳の頃に中国文明展に連れて行ったのだけれど、覚えていないだろうなぁ…)。

追記:この本の監修者は吉村作治先生でした。そしてこの本、私が子供の頃読んだ本でした。
[PR]
by ananta | 2005-07-11 17:02 | 娘と息子
溶連菌でした
 早退で娘が熱があると書いたのですが、熱がある割には風邪の症状が無いのでおかしいなぁと思っていたのです。

 そこで思い出したのが学校からのお知らせで「溶連菌などが流行っている」と書いてあったこと。昔風邪で緊急で病院がかかった時に熱があるという事で溶連菌の検査をさせられたことでした。
 ネットで溶連菌について調べてみると…。
 ・頭痛
 ・関節痛
 ・発熱
 ・いちご状舌

 当てはまる項目が多いので慌てて病院に連れて行きました(菌によるものなので抗生物質を接種しないと他の重い病気にかかることがあるらしい)。

 まさしく溶連菌でした。明日も学校お休みです。しばらく後で尿検査も受けないといけません。大人も簡単にかかるらしいので、ご注意ください。
[PR]
by ananta | 2005-07-05 12:22 | 娘と息子
早退
 学校から電話がかかってきて娘が熱があるので迎えに来て欲しいと言われました。

 土曜日の夕方から熱っぽかったんですよね。金曜日は学校で少し頭が痛かったらしいし、土曜日は午前中に歯茎にたまった膿を取り除いて、日曜日は一日寝ていたのですが。

 朝は微熱だったのですが、やはり熱が上がってしまいました。この状態で置いて買い物に行くのはかわいそうだったのでダンナさんにスポーツ飲料を買ってきてくださいとCメール(我が家はAuなので家族間のCメールはタダなのです)。

 私、小学校の頃早退したことなかったなぁ…。すごく具合が悪くなって保健室で寝ていたのは何度かあったのですが。

 明日は多分お休みでしょう。隣の子に連絡頼むかねぇ。
[PR]
by ananta | 2005-07-04 18:15 | 娘と息子
最近の子供達
 今日、我が家の娘がお友だちを家に連れてきました。

 基本的に我が家は狭いので友達と遊ぶ時は外(公園)で遊んでもらいます。お友達の家に行くとそのお友達の家にも迷惑がかかるので(夕方はお母さん達忙しいはず。夕方に家の人がいない場合もあるので)暗黙の了解みたいなものだと思います。

 お友だち同士の遊びを見ていると遊んでいはいるんだけど一緒に遊んでいるの? という感じです。一緒の場所にいるのに何となくずれているというか、同じものを見ていないというか(お友だちを二人連れてきて、三人ともバラバラな印象を受けたので娘がずれているんではないと思う)。つるんでいるだけ、という感じで今の友人同士の付き合いってこんな感じなのかしらと思ってしまいます。
 だから敢えて何か口出しをするでもなく、みんなの話を聞いてあげました。いろいろお話してくれるのは嬉しいけれど、せっかく遊んでいるんだからみんなで遊びなよ~とちょっぴり思ってしまいました。

 「今度のクリスマスには○○買ってもらうんだ」
 気が早いね、二年生(´∀`)
 「ボクね、こういうおもちゃ持ってるんだ」
 見てもおばちゃんわからないよ、二年生(´Д`;)
 「家族で血液型が違うとその子供はホントの子供じゃないんだよ」
 何でそんなこと知っているんだ、二年生('д')

 でも基本的にいい子たちなのでいいひとときでした。
[PR]
by ananta | 2005-06-29 17:29 | 娘と息子
どうなったんだろう?
 ((((゜д゜;))))で書いた刃物男、どうなったんだろう? 何かあればまた学校から情報が回ると思うのですが…。

 金曜日の夜、仕事が忙しいだろうダンナさんが早く帰ってきてくれました。「オマエさん達だけだと心配だから」と。でもそう言いながら土曜日は出かけていましたが(゜д゜)

 今日は市役所に所得証明をもらいに行ってきます。大丈夫だとは思うけれど、不審な人には気をつけようと思います。
[PR]
by ananta | 2005-06-27 09:38 | 娘と息子
髪は女性の命です
 昨日娘がダンナさんにつれられて髪の毛を切ってきました。短く切ってすっきりさっぱりです。

 でも違和感があるんですよね。

 我が娘は小さいときから横の髪を二つに分けてしばっていました。数回ショートカットにしてはいたもののその時もかわいいけれど違和感があったものです。

 今までの髪型は私にとって小さいままの娘でいて欲しいという裏返しでしょう。少しずつ大きくなっている娘。その成長は親にとって嬉しいものだけれど半面寂しさを感じないわけでもないのです。

 何時までもかわいいままでいてね。
[PR]
by ananta | 2005-06-27 06:33 | 娘と息子
((((゜д゜;))))
 娘は何時も学校から4時過ぎくらいに帰ってきます。水曜日だけ下校時間が早いので少し早いですが、大体こんな感じ。
 だけど今日はちょっと遅い。どうしたのかなぁと思っていたら学校から連絡網。

 「近くのショッピングセンターで刃物を持った男が出て、現在も逃走中なので学校に迎えに来てください」


 重金属妖怪にて近くのショッピングセンターに買い物に行ったと書きました。CDがなかったので他のCDショップに行ったと。その後そのショッピングセンターの出口付近を車で通り、他の店に買い物に行ったのです(そこで買おうとしたミルトン、買うの忘れたのにさっき気がついた)。その時に出口付近をちらりと見ると女性二人と何処かのおじさんが車を降りて話をしていました。
「交通事故かなぁ。ここ、出にくいもんね~」
 などと思いつつ、車を走らせていると、向かいから白バイが走ってきました(センターライン少し越えて)。ちょっとどきーんとしながらも普通に買い物をして帰ったのです。

 娘と帰ってきてニュースを見ているとかなり話が当てはまる。つまり、私が見た「交通事故」は「交通事故」ではなく「刃物男事件」だったわけです。少しゾッとしました。

 まだ男は逃走中なのでそれも少し怖いですが、もしかしたら自分が被害者になっていた可能性もあるのです。
 少し思ったのはこういう時に私には何の力もないという事。何かあったときに側にいなければ守ってあげることは出来ない。側にいてももしかしたら守ってあげられないかもしれない。せめて側にいるときは守ってあげたいな。


 娘と息子をギューっと抱きしめてあげました。
[PR]
by ananta | 2005-06-24 18:53 | 娘と息子