カテゴリ:娘と息子( 36 )
鼻炎ちゃんといいこちゃん
 息子の鼻の検査結果が出ました。
 やはりというか「アレルギー性鼻炎」だそうです。というわけで一度止めたアレルギーの薬を再び始めることになりました。生後10ヶ月、今が一番美味しい時期なのに薬漬けなのでもう食べられません(?)
 風邪は良くなったので、お腹の薬とアレルギーの薬をもらってまた来年診察です。

 ところで、検査結果の用紙をよく見ると名前が違うのです(カタカナなので微妙に出ているところと出ていないところで間違えられたっぽいです)


 昨日は娘の保護者懇談もありました。昨年は何も言うところがありません、と言われて時間よりも早く終わった娘。今年はクラス替えがあり昨年の担任の先生と違う先生です。どんなことを言われるのかとちょっとドキドキしながら行きました。
「娘ちゃんは言う事何もアリマセンね」
 と早速言われました。親の私が言うのもなんですが、娘はいい子なのです。勉強も得意で正義感も強く、お友達もたくさんいるのです。
「でもちょっと文字がミミズがのたくったような字ですね」
 あ、やはり言われた…。娘は丁寧に書くのがメンドクサイらしく、さささーと書いてしまい時々文字が読めないのです。きちんと書けば丸がもらえるところをそのせいでペケされてしまっているところもあるのです。
 勉強以外の面でも正義感が強く、みんなに優しいところとかリーダーシップを発揮して色々なことを進んでやるなどたくさん褒められました。

 褒められると私も嬉しいです。「どうしたらこんないい子になるんですか」と言われたのですが、私にもわかりません。元々優しくていい子で、人に褒められることが大好きな子だからなんでしょうね。

 昨日から私は親ばかなのです。
 でも親が一番子供に対してバカになってたくさん子供に褒めるくらいでいいのかなぁとちょっぴり思っています(娘は褒められて伸びる子なので…)。
[PR]
by ananta | 2005-12-17 11:29 | 娘と息子
にっちもさっちも…
 昨日の明け方、娘が「気持ち悪い」と吐いてしまいました。何度か吐いてしまい辛そうなので病院に連れて行きました。

 診断結果は「腸感冒と自家中毒の併発」。2時間くらい点滴を受けました。多少気持ち悪いのが残っているようですが、今は大分元気です。

 やれやれ、と帰ってきたのがお昼過ぎ。私も何となくお腹が重い感じがしたのですが、疲れているからと娘の隣りで休んでいました。夕方、胃や腸が全く動かず、思い切り吐いてしまいました。胃や腸がキリキリ痛みます。膝が熱でうずうずします。
 …娘と同じだ…。
 本当は緊急医にかかってでも点滴を受けた方が楽になるのはわかっているのですが、私自身は動けないし、ダンナさんは娘と息子がいる為に病院に連れて行くことが出来ない。もう布団の中で呻いているしかなく、傷みが少しひいた隙にとろとろ寝るという感じです。

 その上ダンナさんも夜に入ってからお腹の調子が悪く、起きていられなくなってしまいました(今も調子が悪く、寝込んでいます)。そんな日に限って息子は夜遅くまで起きていて、寝てくれない。もう、何処にも動けない、という感じでした。

 幸い、私は尿が出るようになったら段々と治って、今日の昼間ゆっくり寝たことでほぼ大丈夫というラインまできました。

 今はこういうウィルス性の胃腸炎が流行しているそうです。お腹の調子がどうにもおかしい、胃の調子が悪いという時はなるべく早めに診察を受けることをオススメします。本当は私も病院にかかっていれば今頃はけろっとしていたと思うのですが…。
[PR]
by ananta | 2005-12-03 17:29 | 娘と息子
またまた…
 娘が溶連菌に感染、息子は鼻風邪をひいた週末でした(その為にネットをしていなかったのではなくDSのどうぶつの森にはまっていました…)。

 息子の鼻風邪はなかなか良くならないのですが、娘の方は月・火と休んで昨日から学校に通えるようになりました。昨日は生活科でおまんじゅうを作ったので行けて良かったようです。

 息子のアトピーですが、大分良くなっているという事で、今まで飲んでいたアレルギーの薬は止めて、一月に一度通っていた病院も2ヶ月に一度でよくなりました。


 溶連菌はよく流行りますね。前回の流行時にも感染しましたし…。
[PR]
by ananta | 2005-12-01 06:52 | 娘と息子
矯正器具
 矯正器具が出来上がってきました。今のところよくやっているような歯に直接つけっぱなしの器具をつける、というわけではなく何もすることがないときにつけるだけでいいようです。
 器具はマウスピースに金具をつけたもの・金具を固定・後ろへ押す為のヘッドギアです。これをつけてしまうとしゃべることが出来ません。おしゃべりが好きな娘には辛いようです。

 昨日一晩つけたら劇的な変化が。娘曰く「噛み合わせが変わった」そうです。このまま毎日つけたら出っ歯が治るかもしれません。矯正ってすごいです。効果があるんですね。

 娘はこのまま治療をすればいいと思うのですが、心配なのは息子。今かわいらしい歯が覗いています。このまま何の手も加えずにすめばいいな、と思います。
[PR]
by ananta | 2005-11-22 07:28 | 娘と息子
こどもちゃれんじぷちファースト
 息子もそろそろお年頃…? 最近こどもちゃれんじの入会案内みたいなものが良く届きます。

 娘はこどもちゃれんじはぷちから始めて、現在は小学講座(2年生)を受講中です。
 その娘は本当にこどもちゃれんじが好きで、その教材でとことん遊びました。現在も毎朝学校に行く前に教材で勉強をしてから学校に行きます(学校の宿題は家に帰ってきてからします)。
 娘の楽しそうな様子に息子にも受講させてあげようと思っていたので、今回受講の申し込みをしました。

 ネットで手続きをしようとサイトを見ていたのですが、6ヶ月からのこどもちゃれんじbabyというものがあったようです。知っていたら入ったのに…。普通にぷちファーストからです。
 チャレンジの系列には紹介制度があり、紹介した子と入会した子と二人にプレゼントをもらえます。ただ、小学講座とこどもちゃれんじとは別口らしく、娘が紹介しても娘に来るものも小さい子用のもの…。娘には我慢してもらって、息子におふろえほんとビデオを頼みました。
 一緒に来年の3月から教材が少し変わるので基礎学力タイプではなく応用タイプの教材に変えてもらうようにしました。

 息子も娘も少しずつ大きくなってしまってママとしては少し寂しいですが、大きく自分の夢を掴み取っていく手伝いが出来ればいいなぁと思います。頑張って!
[PR]
by ananta | 2005-11-21 13:43 | 娘と息子
ポリオの予防接種
 息子のポリオの予防接種に行ってきました。
 本来の接種日は先月だったのですが、風邪→突発性発疹→風邪と体調を崩していてやっと今日になったのです。

 行くと結構大勢の人がいました。熱だけ確認して受付しました。
 受付では私の質問に答えてもらいました。「昭和52年生まれですが追加接種しないといけないのですか?」私の生まれた年は他の年に比べてポリオの抗体が低いのだそうです。そこで子供が接種する際には追加で接種することを勧められています。ただ8,000円と高額なのです。
 聞いたところ海外に渡航する予定がなく、子供の頃に接種しているならばおむつ替えのときなどにきちんと手洗いをすれば追加接種はしなくても良いそうです。娘の時も大丈夫でしたしね。

 ポリオの接種はワクチンを飲めばいいので注射と違い泣いている子が少なく、子供が多いわりには静か。
 娘は接種した時に泣いてしまったのですが、毎日薬を飲んでいる息子は慣れた様子で普通にごっくん。あっという間に終わりました。

 終わった後、国立大学の生徒さん(お姉さん)が息子に「バイバイ」してくれました。息子デレデレ(〃 ̄ー ̄〃) 息子は年上のお姉さん達が大好きなのです。しばらく愛想よくニコニコしていました。
[PR]
by ananta | 2005-11-11 16:52 | 娘と息子
矯正・検査結果
 顎の矯正に関わる検査結果が出ました。

 結果はかなり重症。上顎が鼻よりも前に出ている上に下顎がかなり後ろに下がっていました。同じ年(8歳)の子の平均的な骨格と比べるとかなり歪んでいます。

 上顎を後ろに下げ、下顎を前に出すように器具を付ける事になりました。常に付けている器具と夜寝るときに付けるヘッドギアのような器具。
 私は矯正をしたことがないのですが、かなり大変だと思います。でも器具などを付けなくてはいけないのならば大きくなってからよりも仕方ないものと思える今の方がいいのかな、と思います(女の子ですから)。

 ここの矯正歯科の先生は気さくな先生で、息子のことも気軽に声をかけてくれますし、娘とも身近な大人のように気軽に接してくれます。そのせいか、娘は通うことを嫌がっていません。それが一番の幸いです。二人でちょっとしたドライブ感覚で話をしたりしますしね。

 なお、値段は保険がきかないので35万円也。
[PR]
by ananta | 2005-11-02 06:58 | 娘と息子
音楽会
 娘の音楽会に行ってきました。息子が騒いでしまうと他の人の迷惑になってしまうので娘の発表のギリギリに行きました。

 娘の衣装は私が首の部分を切り抜いたポンチョもどきに先生が組み合わせてくださった黒のスカーフ(?)。他のふくろうの子とも少しだけ違う衣装でした(でも別に振り付けが特別だったりするわけではなかったです)。
 最初の歌以外はステージの前に立って歌って踊っていました。我が子しか目に入っていないのは事実なのですが、それでも目立っていました。踊りも手足がすっと伸び、キレのある踊り方。ただ、出番のない時に手が変なところかいていたりしましたが…。
 でも真に目立ったのはカラスの王子様役のM先生でした。カボチャパンツ、ステキでした…。

 カラスが何故黒になったかというと、ふくろうの染物屋さんが黒に染めたからです、という話のオペレッタ。他の小鳥は綺麗な色なのに、他の鳥たちにない色にしたら黒になってしまったのです。

 でも音楽会、毎年先生の方が楽しそうにやっているなぁ…。先生達が仮装とかして場がすごく盛り上がるのです。
[PR]
by ananta | 2005-11-01 12:01 | 娘と息子
ふくろう
 来月、娘の学校で音楽会があります。娘達は学年でオペレッタをやります。その為の衣装で娘から「ふくろうの衣装を作って」と言われました。学校の近所のお店から古いカーテンの布地などを提供して頂き、それを利用して作るのだそう。
 その中でふくろうとカラスはポンチョみたいなもので、小鳥は羽を作ってTシャツに縫い付けるというもの。「ふくろうは楽でイイワ~」とちょきちょき。少し首元がぶかぶかになってしまったのでその部分だけ縫いました。

「ふくろうは学年で3人なんだよ」
 と3人だけで踊る部分などもあるみたいで一生懸命練習中です(先生と一緒に振り付けを考えたりしているようです)。

「カラスの王子様はM先生なんだよ」
 と聞いていたので主役はカラスなんだなぁと勝手に思いながらもらったプログラムを眺めていたらオペレッタのタイトルは「ふくろうのそめものやさん」。
 …もしかして娘たちふくろうは主役ですか?(カラスも学年の中で選ばれた数人の子供らしいのですが)
 いずれにしても主役級が一番格好が地味な予感がします(ふくろう→茶色。カラス→黒。小鳥→羽根の色は不明。Tシャツはペパーミントグリーン)。
[PR]
by ananta | 2005-10-24 09:33 | 娘と息子
息子よ、何時の間に…
 我が家ではタオルだけは二階のベランダに干します。息子が起きていても洗濯物を干さないわけにはいかないのでそのまま遊ばせておいて私だけ二階に行きます。

 洗濯物を干して下に戻ろうとしたら、変なところから声が響く。階段の下を見ると…。

 息子が階段を2段登っていました。

 娘はなかなか階段を登らなかったので本当にすごいと思います。ただ、目を離しているときに限って登るので、何時か階段から落ちるのではないかと心配です。

 ちなみに娘は階段から何度か落ちたことがあります。
 一度は目の前でころころと落ちました。笑ってはいけないけれど笑ってしまって力が入らなかった私…。
[PR]
by ananta | 2005-10-13 07:06 | 娘と息子