2005年 11月 08日 ( 2 )
指、太い…
 先日ダンナさんのイトコさんの結婚式でもらった引き出物カタログで注文した指輪が届きました。

 シルバーで十字が付いたシンプルなリング。十字の部分が少しピンクがかっていてかわいいのです。

 ♪左手の薬指は~結婚指輪~。というわけで左の中指に合うサイズ(昔ダンナさんに誕生日に買ってもらったリングのサイズ)で頼みました。

 いざ着けようと思ったら…入らない。中指の第二関節に引っかかります。うぬ~。ショックでアリマス。薬指だと入るのですがくるくる回ります。何か中途半端。
「それなら右手の薬指につけるでアリマスよ」
 右手の薬指なら丁度よさそう…寧ろ外れなくなる危険が! 無理矢理外しました。関節が赤くなってしまいました。

 左の薬指がこの指輪の定位置のようです。かわいいだけに非常に残念(;´д⊂) でも時々薬指に着けたいと思います。
[PR]
by ananta | 2005-11-08 21:27 |
最近のダンナさん
 最近ダンナさんのことを書いていなかったことに気がつきました(このカテゴリーの最終投稿は9月2日)。

 えーと、仲が悪いわけではありません。喧嘩したり仲良くしたり、ごくごく普通の夫婦として生活しています。だからこそ書くことがないのかもしれません。便りがないのは元気な証拠、ということで何も書くことがない時は寧ろ仲良しなのです。仲良しだから何もないのです。

 娘と息子のことを書くのはただ単なる親ばかです。

 最近のダンナさんは仕事が忙しいらしく帰りが遅いです。娘と一日接点がないまま過ごしているのが娘にもダンナさんにもかわいそうな気がします。息子は宵っ張りちゃんなので毎日パパの帰りを待っています。

 昨日、土曜日に作っていたプラモを眺めながらにこにこしているダンナさんを見て、ついこちらもにへら~としてしまいました。こういう時のダンナさん、本当に無邪気なのです。思わずカワイらしいと思うと同時にダンナさんのことが好きだなぁという想いが湧き上がりました。こういう時に上手くそのことを言葉で伝えられればいいのだけれど、なかなかそれが難しく適当な言葉で誤魔化してしまいました。好きなことに夢中になっているダンナさんのことを見ているのは好きです。ただ、ダンナさんはそれが度を越してしまうので(´Д`)

 内容がめちゃくちゃだなぁ…。
[PR]
by ananta | 2005-11-08 11:34 | ダンナさん