読了
白鳥異伝 上
荻原 規子 佐竹 美保 / 徳間書店


白鳥異伝 下
荻原 規子 佐竹 美保 / 徳間書店





 先日購入したこの2冊、一気に読んでしまいました(9月に発売された勾玉シリーズ1作目「空色勾玉」は今読んでいます)。
 私がこの作品を初めて読んだのは福武書店(現ベネッセコーポレーション)版。「空色勾玉」は中学生の時にNHKのFMラジオのドラマで聞いたのがきっかけで購入しました。その後何かで続編があることを知り、購入したのがこの作品です。勾玉に連なる物語は4作品現在あるのですが、この作品が一番好きです。

 最初のうちは遠子が元気のいい女の子なのですが、途中から「女」になるんですよ。その変わるところが読んでいる私の捉え方も変わって不思議に思うのです。小倶那は私の中で全く変わらないのですが…。

 多分一番好きな理由は「すれ違い」と「愛」なのだろうな、と思います。好きなのにすれ違う。好きだからこそすれ違う。好きだからこそ、の部分が悲しく美しく感じるのでしょうね。

 この本、今回の新書版で上下巻分冊になったのですが私の中ではこの作品は2部構成に感じられて、その部分で分冊になっていないのが実は不思議な感じなのです(文章量の関係だと思うので当たり前と言えば当たり前の切れ方なのですが)。

 この作品のベースはヤマトタケル伝説ですが、その枠の中に収まりきらない作品です。
[PR]
by ananta | 2005-10-31 06:52 |
<< こちらも読了 おみやげ物語 >>