また気分を害してしまうでしょう
小泉首相が靖国参拝へ=中、韓の反発必至=差替

 正直に言ってしまうと、私には難しいことはよくわからない。ただ、悲惨な戦争を引き起こした、被害に遭ってしまった国々から見たら八つ裂きにしても物足りない人も合祀しているんですよね。

 正直なところ、近隣の人が「嫌だ!」と言っているのに何故その人の嫌がることをしてしまうのでしょうか。総理大臣としてではなく私人として行くとしてもやはり公人なので私の部分もニュースになってしまう。そうすると嫌だという人たちはもっと嫌な気分になってしまう。
 嫌な気分にさせておいて「仲良くしましょう」と言っても仲良くなんか出来ないですよね。表面上は仲良くしておいてもやはり心の中では引っかかってしまいます。私は首相に参拝は止めてほしいと思います。自分のしたいことと自分の影響力を考えて欲しいと思います(確か、裁判所で参拝は違憲という判決が出たような気がするのですが…)


 お盆近くにM市の神社の中を通ったことがありました。静かな場所に戦争で亡くなった方の遺影が飾ってありました。その神社に戦没者が英霊として祀られていることを私はその時まで知りませんでした。
 やはり近隣の国々と比べて日本は過去のことを知らないような気がします。自分達が味わったことを外に向かって発信することも大切だけれど、自分達が外に向かってしてしまったことを知ることも大切な気がします。知っていてもなお参拝できるか、私自身は疑問です。


 追記:私的参拝は違憲ではありません(宗教の自由に引っかかってしまいますよね)。
     私が見た神社は護国神社ではありません。護国神社はまた別にあります。

[PR]
by ananta | 2005-10-17 09:55 | NEWS
<< 予約しちゃった… ANANYA >>