りーんりーん
長野の「スズ虫おじさん」に里親希望者殺到!

 一昨年、娘が保育園に通っていた頃同じクラスの子のおばあちゃんが押入れケースいっぱいに土を入れてくれてその中にいっぱいカブトムシの幼虫をくれたんですよね。そのことを思い出しました。今はその土地から離れてしまいましたが、近くに川や山がたくさんあったその土地が夏になると思い出されます(今住んでいるところよりも涼しかったし)

 でもスズムシも多いと騒音なんですね。でも確かに秋の夜、外から聞こえてくる虫の音は良く聞くとうるさいかも…。でもそれは他の虫との競演だからいいかもしれませんが、やはり一種類しか聞こえないと耳障りかも。

 この記事の中で気になったのは交配させないで5年ほど経つと、近親ばかりでメスだけになるという部分。もし人間も当てはまるならば、最終的には地球はメスだけの星に? まぁ存続の危機になったらオスもきちんと生まれるのでしょうけど…。

 長野県上水内郡…。遠いですねぇ。長野県のどこかだかはレタスアイスがあるらしいですね。近場のY村の農産物直売センターではほうれん草アイスもあったらしいけれど…。
[PR]
by ananta | 2005-07-28 06:26 | NEWS
<< 趣味で集めた小さいもの 見返りを求めるものではないけれど >>