NEWSなニュース
NEWS「飲酒問題」ファンに謝罪

 私は何時も思うのです。不祥事を聞く毎にその人はその道のプロとして自覚が足りなかったのでは? と。

 そして謹慎中だから本人たちの言葉が聞けないから謝罪が「本当に当事者は反省しているのか」わからないのです。何となく上辺だけのような感じがして何となく心に響かない(NEWSのメンバーの謝罪はその場にいたり映像で見ればまた感じ方が違うかもしれません。ただ、菊間アナのレギュラー番組の冒頭で他のアナウンサーさんがお詫びの言葉を告げた時は心に全く響きませんでした)。

 本人たちはもうあまり触れて欲しくない問題かもしれないけれど、私は一度きちんとマスコミの前で自分が何故そういうことをしてしまったのか、今はどう思っているのか。そういうことをきちんと発言してから謹慎してもいいと思うのです。彼らの言葉や心が伝わらないままの謹慎ではあまり意味がない。反対にマスコミの質問(ができるならば)は我々の考えの代弁になるから、それを聞けば彼らはもっと自分のしたことを考えてくれるかもしれません。

 今何を考えているのでしょうか? 考えていることはあなた方にプラスになることでしょうか? 一度犯した過ちは消えないけれど、それを自分の中でいい形に変えることは出来ると思います。まだまだあなた方の進む道は長いでしょう。ガンバレ、ガンバレ。いい形で笑えるように。
[PR]
by ananta | 2005-07-27 06:33 | NEWS
<< 見返りを求めるものではないけれど ありがとうございました >>