ブログと文章と私
 ダンナさんがブログを読んだので私自身の文章のことを聞いてみました。

「ねぇねぇ、私の文章はどうかね」
「余計な感情が入らないから読みやすいね」

 そうか…。私のブログはやはり淡々としているらしいです。書いている本人はあまりそういう気はなかったのですが。

「でも小説書くには向いていないね」
「そうか…。人生設計を練り直さなければ」
「そんな人生設計あったの?」

 昔々、私のHPがあった頃。私のHPは小説系HPだったんだよ…。今も携帯HPで復活しようかと考えていたんだい! もうHPスペースも用意して組み立てるだけだったのですが。

 でも実際のところ私自身今は小説を読むよりもエッセイを読んでいる方が面白いし読みやすいです。でもエッセイは間間に書いた人の考えがチラチラわかるから面白い部分もあるのですが。最近読んだ中では遠藤周作先生のエッセイが一番面白かったです(あとでライフログで探しておこう)。
 昨日買った本は娘と読んでいるマンガの単行本2冊(娘は自分のおこづかいで自分が読みたいマンガ2冊と本を買っていた)、角川文庫のエッセイ本2冊(2冊買うともれなくブックカバーがもらえるから)、電子レンジのレシピ本(一時期は炊飯器レシピが私の中で流行していた。今後は私の中で電子レンジが来る)。
 本以外は夏用のサンダル、チェコカットビーズのネックレス、透明ストラップ。リーメントのぷちシリーズ一つ。
 リーメントのシリーズは一時期箱買いをして一度に全種類を集めていたのですが、これからは1買い物に1つ買うことに決めて買っています。

追記:遠藤周作先生の本、買ったものは同タイトルのものですが画像が表示されない為、表示される方をライフログで公開しました。
[PR]
by ananta | 2005-07-18 07:19 |
<< 楽しかったこと 今日は歯医者 >>